やる気が出ない時はとにかく動いてみる。その際にマルチタスクは避けるようにする。

やる気が出ないときはとにかく動いてみるのが一番だと思います。

動いている(何でも良いので作業を始めてみる)と、その作業にどんどん集中できるようになります。

集中できる環境が整っていない場合は、環境を整える行動に出ます。

やる気は動けば出てくるものです。動かないとやる気は出ません。行動に出てしばらく作業すると成果という報酬が貰え、脳は更にやる気を出してくれます。この循環を作るのが大切。逆に作業を一時的にでも分断されると、ストレスが増えてやる気が一気に失ってしまいます。脳に対するダメージも相当なものです。そう考えると作業を分断されない仕事は幸せなのかもしれません。

介護の仕事はマルチタスクが多いのでストレスが凄い

介護の仕事は中断の連続なのでストレスは凄いものですね。中断を予測できればうまく付き合っていけそうな気がしますが、マルチタスクの仕事は集中力が下がり、ミスも多くなるのでお勧めできないです。私は一つの仕事を完結させてから次の仕事に移るようにしています。マルチタスクを行う際も簡単なタスクのみマルチタスクにしています。

なので、記録は実務が終わってからにしています。記録している間にコールがなれば中断することになるし、中断してから再開するのは非常に効率が悪くなります。

 
  

Message