特別養護老人ホームで実際に働いてみてどのくらいの給料になったか

特別養護老人ホームの給料は手取りで月に24万円~27万円くらい

詳細な金額は表示できないが、下記のようになっている。

  1. 通勤手当 (公共交通機関等を使用しないなら数千円くらい)
  2. 当直手当 (夜勤手当で1回数千円~1万円くらい)
  3. 住宅手当 (社会福祉法人は介護業界でも住宅手当が良い方 数万円)
  4. 資格手当 (介護福祉士の資格を持っているのでもらえる手当 数万円)
  5. 処遇改善手当(数万円)
  6. 基本給 (基本給は基本的に15万円程度)

合計30数万円位になり、手取りが24万円~27万円程度。

筆者の場合は、ヘルニアになり夜勤を出来ない状態なので、手取りで20万円~18万円位だ。

特別養護老人ホームは介護業界内では給料が良い方

特別養護老人ホームは基本給が安いですが、ボーナスや各種手当が良いので、介護業界内では手取りが良いほうです。

特に住宅手当が大きいです。満額支給されると3万円近くの住宅手当が支給されます。

(住宅手当は持ち家に住んでいる場合は支給されないことがほとんど)

民間企業が運営する老人ホームだと、住宅手当が数千円くらいの場合が多いです。

処遇改善手当が支給される前は給料が不満でした。夜勤をやろうが、残業しようが、手取りで23万円位の事がほとんど。

この程度の給料だと、生活にあまり余裕はありません。一家の大黒柱なら、とても家族を養っていくことは出来ないでしょう。

しかし、処遇改善手当が支給されるようになると、ギリギリ何とか家族を養えるくらいにはなってきました。

民間企業の老人ホームはもっと手取りが低いことが多いので、大変だと思います。

しかし、民間企業の老人ホームでは、入居者様の要介護度が低い事業所も多いので、実際に給料が低くても働くのが楽だと言う場合が多い。

介護業界の給料は低いですが、「突然倒産や封鎖」されるリスクが少ないので安定した収入になるのは凄い安心できます。

ただ、近年は老人福祉、介護事業者の倒産件数が急増しているも事実です。

この記事の関連タグ
 
  
  

  

カテゴリ

  

Message