椎間板ヘルニアが悪化して、神経ブロック注射を実施するも3日後には効き目が切れる

神経ブロック注射

椎間板ヘルニアが悪化して、神経ブロック注射を実施。しかし、3日後には完全に効き目が切れる。深夜も痛くて眠れない日が続く。

痛みは左臀部から足にかけて。突っ張るような激痛が走る。座っていることも辛い。仕事どころじゃないが、生活のためにロキソニンを服用しながら無理のないように勤務する。

ところが、ロキソニンを服用後、最近になって胃の痛みが激しくなる。やっぱり胃薬を併用しても無理なのかもしれません。このまま何時までこの痛みと付き合っていかなければ行けないのか分からない不安が精神的に結構きます。セカンドの整形外科にかかるも、特に大きく方針が代わる事はない。保存療法で現状を維持するしかない模様。

しばらくは騙し騙し仕事を続けますが、数カ月以内に介護現場に切り替えて、負荷を軽減するか、介護の仕事以外に転職するか考えなくてはいけません。

ブロック注射に過度な期待はしていませんでしたが、一時的にでも症状を和らげてくれるのはありがたいです。

ロキソニンの服用を1日3回に戻るか思案し、朝、夕の2回で様子見することにする。

背筋、腹筋を鍛えるための筋トレは継続しながら何とか乗り切る方法を考えていかなくてはいけませんね。

この記事の関連タグ
 
  
  

  

カテゴリ

  

Message