介護の世界に転職して大変だったこと その4 お祭り等の企画を準備する時間を全部残業しないといけない。

お祭り等の企画が介護業界では多いです。私は企画そのものは嫌いじゃありません。が、企画を立案から実行まで勤務中に行うのは不可能です。まず、勤務中は介護の基本である、「排泄」「食事」「入浴」が最優先です。その優先すべき仕事だけで勤務時間は終了します。他のことをやる時間なんて1分もありません。なので、普段の介護+αな部分は全部サービス残業で何とかします。勤務時間内に終わらそうと思えば、人員が今以上にいないといけません。他の部署から応援を呼んで、自分がユニットから抜けて他の仕事をする時間を作らないといけませんが、現実的ではないです。そして、他の部署まで巻き込むなら企画なんてしなくても良いのでは?となってしまいます。組織として企画等に理解が無いと勤務時間内に準備することすら難しいのが現状です。

全部サービス残業ですが、その他の仕事もあるので企画だけのために残業も出来ません。時間がないので、数日間で集中してお祭りの準備をしたりします。すると遅番の仕事が終わって気づいたら次の日の午前3時過ぎなんてことはザラです。

企画を実施して得られる成果も微々たるものです。自己満足して終わり。なので、企画を嫌がる職員が非常に多いです。企画をやると決まっても「私は関係なから手伝いません。」「企画に巻き込まないでください。」と嫌われる事も度々。

では、なぜ企画をしないといけないのか?

入居者様に喜んでいただくのが一番の理由ですが、「施設として活性が高いことを内外にアピールできる」という理由が大きいのではないでしょうか?

近隣住民からしても「あの施設は何しているか分からない。気味が悪い」と思われるより「職員は明るく挨拶してくれるし、何時も何か人を集めてイベントを開いている。楽しそう」と、良い印象を広められる。

入居者の家族にも「活気があって楽しそうな施設に入って良かった」と思っていただけるようになります。

また、人材を提供してくれる介護系の学校にボランティアとして参加していただければ「ここで働いてみたい」という生徒さんが出てくるかもしれません。

普段と違った日常を演出することで、「活性がある楽しそうな施設だな」というイメージを持っていただくことが出来ます。

企画をしない施設は、自らをアピールする気が無い

逆に企画をしない施設とは、宣伝をまったくしない施設のようなもので、普段どんな介護をしているのか?入居者はどんな生活をしているのか?よくわからない施設ということになります。

よくわからないことには関わりたくないのが一般的な考え方です。良くわからない施設に関わろうと思う人も居ないでしょう。「気味が悪い施設で、何してるかわからないの」と近隣住民から陰口を叩かれる事になり、結果入居率も下がり、人材も不足するような施設になってしまう。

企画は大切なので、施設が組織として立案、準備する仕組みを

企画は自らをアピールして入居者様に非日常を過ごしていただく大切な機会です。個人の職員やユニットだけに丸投げして、施設は全くバックアップしないという事にならないように、施設が組織として仕組みを作って企画を効率的に実施していかないと、「もう企画に関わりたくない。疲れた。」「企画に関わりたくないから、私を巻き込まないで」という職員が量産されてしまいます。サービス残業が当たり前のようになり、職場を辞める職員も出てきます。あれだけ頑張って企画、立案して準備したのに他の職員から「関わりたくない」と言われ、企画が終わってからも、うんざりした態度をされれば辞めてしまうのも当然かと。

施設は自ら成長する機会を現場の職員に丸投げし過ぎてはいないでしょうか?

それだけ無責任な施設が当たり前のように昔からあるのが問題ですが。

まずは小さな企画からはじめる

入居者様のためにも楽しい企画を考えて実行したい。そのような思いも、協力が得られなければ、「しないほうが良かった」となるので、無理のない範囲で小さな企画を幾つか行ってから、理解と協力が得られるようになったら大きな企画を実施すると良いです。

普通の介護職員は上司の命令でも無い限り、面倒な企画を手伝おうなんて思いません。そこで、より簡単な小さな企画を考えて実行するようにします。小さな企画なら施設の協力がなくても準備に時間もお金も殆どかかりません。サービス残業する必要がないので、他の職員に頼み事をしやすいメリットがあります。

簡単な頼み事をお願いして協力してもらうと、企画を行った際に頼まれた方も満足感が得られます。繰り返して行けばより大きな企画を実施する際に協力を得られるようになり、職員の満足感に繋がっていきます。

介護員が企画をするメリットってなにもない

はっきり言って、介護員が自ら企画を実施するメリットって何もないです。給料に反映される事もないし、評価が上がることもないです。出来れば関わらないのが一番です。自らの首を〆ることになります。

施設が積極的に仕組みを作ってくれない限り、介護員には企画を行うメリットって何も無いんですけど、大変な思いをして入居者様やご家族が喜んでくれたら介護員も少しは働くのが楽しくなるのが救いでしょうか。

 

この記事の関連タグ
 
  
  

  

カテゴリ

  

Message