血圧計ってどんなのが良いの?

看護師と違い、介護福祉士が血圧を測定する際は、デジタル式の血圧計を使用すると思います。デジタル式は大きく分けて2種類あり、それぞれ計測する場所が違います。

一つは上腕式、もう一つは手首式です。

上腕式はカフを上腕に巻いて血圧を測定します。上腕にカフを巻かなければいけないので、厚着をしている利用者様は服をめくるか、脱ぐかしないと計測することが出来ません。これが結構手間がかかります。特に上腕が拘縮している利用者様は上腕にカフを巻く過程で、無理をして内出血につながるケースもあります。

利点としては、血圧が低く計測しにくい利用者様に利用できることでしょうか。手首式では血圧測定できない場合に利用するので、看取り時に活躍します。

もう一つの手首式血圧計ですが、普段は圧倒的にこちらを使用する事が多いです。

服装に関係なく測定でき、拘縮がある利用者様でも手首はある程度計測しやすい場所なので便利です。また無理が体勢にならなくて良いので、内出血などの事故を起こしにくいです。

デメリットは低血圧の利用者様の測定が出来ない。電池持ちが悪い。等があります。

よくある質問に「上腕式と手首式はどっちが正確なの?」というものがありますが、オムロンの説明では手首は手首の血圧。上腕は上腕の血圧で、どちらが正しいということはないとなっています。ただ手首式は心臓の高さに合わせないと正確な数値が出にくいようです。

手首式の血圧計は手首の向きにより測定出来ない物がある

手首式の血圧測定器は手首の向きにより測定出来ない物があります。

どの手首式も手首を下に向けた場合測定は出来ません。(男性が腕時計を装着する状態)手首を上向きにして装着するか、親指を上向きにして測定するかの2種類があります。

親指を上向きにして測定出来る物がおすすめです。手首を上向きにするのは、手が不自然な曲がり方をするので、利用者様の腕に負担がかかりますが、親指を上に向けるタイプは自然な形で測定が可能です。

血圧計の正しい使い方(オムロン)

介護現場では余計な機能が無くてもいいが、メモリー機能が使いやすい物がお勧め

介護現場で使用する血圧測定器は余計な機能が無いものが良いです。タブレットと連携する機能などは要りません。タブレットを導入している。施設なら役に立つかもしれませんが、その分コストも上がります。

メモリー機能は呼び出しやすく、数件程度は記録を残すものが良いです。

入浴バイタルなど、看護師に報告する場合、忙しくてメモを忘れてしまうこともあると思います。そんな時にメモリー機能が役に立ちます。

中にはメモリー機能が貧弱で使いにくく、呼び出すのに3回ほどボタンを押さないといけない物や、呼び出したら自動的に血圧と脈拍を交互に表示して読み取りにくい物もあります。

介護の現場でお勧めの手首式血圧計

私は特にオムロンがお勧めだと思います。ボタンの配置や、デザイン、使いやすさ、価格、血圧測定感度、すべてにおいてオムロンが一番使いやすかったです。オムロンの中でも特に使いやすい測定器は、HEM-6200です。

アマゾンの評価HEM-6200

ヤフオクで中古ならもっとコストが下がります。デジタル自動血圧計 HEM-6200

価格コムでデジタル自動血圧計 HEM-6200

 

この記事の関連タグ
 

Message