福祉車両用カーシェアの利用が今後増えると思う。

カーシェア 増える

特養の入居者様が病院へ行くのに車椅子が必要だったり、在宅の利用者様がお出かけに車椅子で移動する場合、今までは介助者が自分で保有している介護車両か外部の介護タクシーを使用していましたが、今後福祉用車両のカーシェア利用が増えてくる気がします。

介護タクシーは毎月の利用回数が多い場合、料金が多額になる。

カーシェアリングを利用すれば介護タクシーを使用したときに比べ、時間の融通も利くし、1ヶ月の使用回数が多い場合は介護タクシーより割安になるとおもいます。

また、利用者を訪問するケアマネージャーがいる事業所等もカーシェアリングの利用が進んでいます。

介護の世界もカーシェアリングを積極的に導入して、必要なときに必要なだけ利用するスタイルが浸透するのではないか。

この記事の関連タグ
 

Message