日本の介護業界に来る外国人実習生は優秀なのか?

平成29年11月から外国人技能実習制度の対象職種に介護職も追加された。

日本の介護業界で働く外国人実習生は非常に優秀な人が多い。

東南アジアから来る実習生達は、母国の学校を優秀な成績で卒業されている方たちも多く、一定水準以上の日本語能力を持っていなければならない。したがって、言葉の違いによる障害も比較的早く乗り越えることが出来ている。また、仕事を覚えるペースも早く、能動的に仕事をしている。裕福な家庭で育った方も多く、性格も穏和で協調性があり、入居者様にも優しく接している。

優秀な彼らを見ていると、人手不足で転職しやすい環境であるため、直ぐに辞めてしまう日本人よりも、外国人実習生を積極的に受け入れたほうが、介護事業者としては運営しやすくなるのではないか?

事業所側としては優秀な外国人労働者を安く雇用することが可能となれば、人手不足を解消するために良い解決策となるであろう。

この記事の関連タグ
 
  
  

  

カテゴリ

  

Message