転職を決めたら後悔してはいけない

介護の転職で後悔

私は転職をしよと心に決めて、実際に行動に移す前にいろいろ考えすぎて「転職しなければよかった」と後悔したことが何度もあります。
実際に転職を後悔してしまうと、新しい職場で、「前の現場ではこんな良いところがあった」や「前の職場ならこうだった」と後悔の念に囚われて、仕事が楽しくなくなっていく悪循環に陥りがちに。

そうならないためのには、後悔しない心構えが必要です。

介護の仕事をしていて、転職しようと覚悟したら後悔してはいけない

退職する事を伝えた後の後悔は無意味

退職したいと上司に伝えた後、後悔することは全く無意味です。現状に満足できず「転職しよう」と覚悟を決めたのなら、「転職はほんとに正しいのだろうか?後悔するのではないか?」と考えてはいけません。
なんせ散々悩んで、時間をかけ、様々な理由で現状に満足できなかったのです。
そこをどう考えて、転職以外の方向性を見出そうとしてもやっぱり「転職しよう」という結論に帰ってきます。
一度転職する旨を上司に伝えたのです。
撤回したところで、「組織にとって必要ない人」という烙印は消せません。
また、「仕事辞める、辞める詐欺」と思われてしまっても仕方ありません。
このような人をたくさん知っています。
辞めたいと口にすることでストレスを解消しているんだと分かってはいますが、周りの職員も気分が悪いだけです。

後悔すると転職後も上手くいかない

転職前に後悔してしまうと、転職後も上手くいきません。
私がそうでしたが、前の職場と今の職場を比較してしまって、「前の職場ならこんな機械があって仕事が楽だった」とか「こんな遠くなかったのに」とか、とにかく色々な事を比較して、結局転職は失敗だったのか?と後悔してしまいます。
こうなってしまうと悪循環です。
転職後の職場に不満があふれ出てきます。
そして、「前の職場ならこんな良いことあったのに」と妄想して過去の記憶を美化していきます。
本当はそんなことない地獄の様な記憶なんだけど。・・・・・妄想怖い・・・・

転職したら今の職場の同僚は色々言うんだろうな・・・

はい、もちろん色んなこと言います。あることないこと言いまくりです。
でもそうしないと、自分たちが今の職場で働いている事が正当だと思えなくなってしまうんです。
心の奥深い部分では「いいな~」「転職するって決断できてうらやましい」と思っています。
自分たちにはそんな勇気がないし、怖くてそんな決断できない。
だから、退職した人が新しい職場でうまくいかないことを願うくらいしか出来ません。
「きっとあの人は何処に行っても上手くいかないよ」と噂して憂さを晴らすしかできない可哀そうな人たちです。
何を言われてもいいんです。
自分で決断して行動したのです。
それができない人が大勢います。
自分の判断を誇りましょう。

感情的になって退職を決断してはいけないが、感情的になって職場に残るのはもっとダメ

感情的になって退職するとろくなことはありません。
退職スケジュールをしっかり考えることもできず、有給消化ができないだけでなく、転職活動にも支障が生じます。
感情的になってしまったらまずは落ち着いて考え直しましょう。
転職活動のスケジュールは?
有給は消化できる?
ボーナスはもらえる?
実際に私は感情的になって退職を決断し、有給ももらえなかった事がありました。
退職後次の日から新しい職場で仕事が始まることも。
まったく休めない状況で、新しい環境に挑戦するのは大変でした。
心身共に準備ができていない状態での新し挑戦は失敗の元です。
しかし、一番ダメなのは感情的になって職場に残ることです。
それは「恐怖や後悔」に支配される事。
恐怖に支配され、「今の職場で頑張ろう」と思ってしまったが最後、次回転職しようと決意するまでまた何年も時間を無駄にすることになります。
その何年間はまったく成長がない期間が続くことになります。
何年も何の成長もなくただ苦痛な環境で仕事を続けるんです。
自分に合わない環境で続ける仕事ほど無意味なことはありません。
本来自分に合った環境で仕事ができていれば、色んな仕事を任され、信頼できる仲間がいて、今までよりも更に様々な事にチャレンジできているはずです。
が、その様な貴重な時間が全て失われてしまうのです。
恐怖心に負けて残った職場で経験するのは結局、虐待する職員、仕事を放棄する職員、崩壊したユニット、職員不足の長時間残業、連続する夜勤です。
残ったほうがよほど恐ろしい状況です。
が、転職の恐怖から結局残る選択をしてしまう。
この様な人が本当に多いのも事実です。

この記事の関連タグ
/ /
 

Message