虐待する介護職員がいるとどうなる?

介護の虐待

施設には必ず1人、2人入居者を虐待する職員がいます。
ここでいう虐待とは暴力です。
しかし、虐待する職員も流石に暴力は犯罪であることを分かってやっています。
なので証拠を押さえない限り、虐待を止めません。
しかも入居者の体で目につきにくい場所を選んで暴力を実行しています。
どのような心理なのか、全く理解できません。
暴力の痕も、殴られたとはっきり分かる場合は少ないです。

今回はそんな、入居者を虐待する職員がいたらどうなるか考えてみます。

その職員は面接の時から様子がおかしかった(特定できないように一部改変しています)

虐待疑惑がある職員は面接の時から普通じゃありませんでした。
初めて施設の職員と顔を合わせても挨拶しない。
何を話してもぶっきらぼうです。
「おかしな人だな~」「精神を病んでいるのかな?」と心配になりましたが、すでに誰も関わりたくない空気が充満していました。

私は違う階で働いていたので、その後顔を合わせることもなく時間が経過しました。
ある日の朝、問題の職員が働いているユニットの入居者が目の周りに痣を作っています。

「ん?」と思い、よく見てみると、何か殴られた痕の様に見えます。
その後問題の職員が夜勤で、あったことが分かりましたが、特に問題にされませんでした。
その後もオムツを当てるのに失敗した入居者が大腿部を骨折したり、男性入居者の腹部に大きな痣ができていたりと不可解な事故が続きます。
問題の職員が入職してから大きな事故ばかりが続いていた。

問題の職員が夜勤明けの時に何かあることが多い。
そうして、入居1日目の利用者が夜中に転倒して骨折した事件を機に、問題の職員をユニットリーダーが問い詰める事になる。

同じユニットで働いている職員はとっくにおかしいと思っていたのだろう。
が、問い詰めた瞬間に問題の職員は「やってられるか」と言うと、職務を放棄して逃げてしまった。
そのままもう二度と出勤してくることも、電話に出ることも無かった。
結局数々の事件は本人の口から語られること無く、施設によりただの事故と処理される。施設は「悪気があった訳じゃないし、事故だよ。一生懸命に仕事したら、たまたま何か当たったんだよ。」と問題化するのを恐れていた。

この職員は今も何処かで介護の現場にいる。そして同じ様な事を繰り返しているだろう。

この施設で続いてた重大事故はその後無くなった。

一部改変されており全てが事実ではありません。

周囲の職員はどうするべきだったのか?

そもそも採用したことに疑問を感じる。あの一見しただけで解る、異様な雰囲気。全く見抜くことが出来なかったのか?
そして、周囲の職員は虐待に気づいていたが、何もしなかった。
施設長に通報して、仕返しされるのも嫌だし、虐待が明るみに出て自分が非難されるのも嫌だったのだろう。
何より通報を受けた施設長が握りつぶしたのが一番あってはならないことだった。
なので、職員は施設を信用してはいけない。
施設を信用して通報すれば自分の立場が一番悪くなる。
問題にしてほしくないことを問題にしたとして、施設長には目をつけられる事になる。
また、施設長ははっきりと、「皆が働く場所を失うわけにはいかない」言ってしまっているらしい。

この様な場合は、

必ず行政に直接証拠と一緒に報告する必要がある

知らなかったでは済まない。
知っていたのなら通報する義務がある。通報しないのならその職員も同罪だ。

殆どの施設はどれだけ職員が訴えたとしても、施設長が保身に走ってしまい、ビデオで証拠が撮影でもされない限りは認めないだろう。
同じユニットの職員は虐待が行われいるのを分かっていたが、手を打てなかった。
自分が疑われるのでは?と嫌な思いもしただろうが、それでも虐待を止めようとしなかった職員は同罪だと思う。
無視することで虐待に加担していたのだから。

身体的な虐待を行う職員は存在する。ただ、事件になっていないだけだ

どの組織にも必ず、虐待を行う職員がいる。その職員を直接問い詰めても無意味だ。
彼らは自分より弱い立場の人に平気で暴力を振るう。
そこに罪悪感はない。
また、この様な職員は自己顕示欲が強いのも特徴。
やたらと管理職に就きたがる。
施設は事件になる前に虐待の芽を摘む必要がある。
職員が入居者と正しい関わり方をすれば、『信頼関係が築ける』というものではない。

感情のまま生きる彼らは生まれながらに大切なものが欠落している。
人の心を持っていない。
その様な職員を野放しにする施設の罪は重いと思う。

この記事の関連タグ
 

Message