新しい職場に良いも悪いもない。全部妄想です。

妄想

新しい環境で色々な期待や不安があるものです。
どんな上司が居るのだろうか?ブラックな環境ではないか?
合わない人が居たらどうしよう。厳しい環境でやっていけるのか?
色々考えているうちに「転職なんてしなければよかった」とか思っちゃいます。

全部自分で勝手に作った妄想

でもそれって全部妄想ですよね。
勝手に妄想して、勝手に期待したり不安になったり。
妄想ほど無駄な行為もないです。
沢山の時間を浪費します。
何もかもあるがままを受け入れて環境に適応させるのが最適解のはずです。
人間関係だって半年以上一緒に仕事しないと、その人の良い所も、悪い所もわかるはずがありません。
人間はそんなに賢くない。
時間が必要です。
なので、最初の半年は環境に適応することを優先します。

物事は立体的な構造として捉える

妄想に囚われてしまった人は物事を立体的に捉えることが出来なくなり、いつも同じ角度、同じ面ばかりを見ようとします。
人間は立体的な特徴を持っていて、見る角度により変化します。
こんな当たり前なことさえ、妄想に入り浸ると忘れてしまい、自分の都合が良い面しか見られないようになってしまいます。
介護の世界は狭い空間に毎日同じ職員が顔を突き合わせて働く環境です。
こんな環境で働いていると、妄想に支配されやすくなります。
新しい職場なら尚更ではないでしょうか?
怖がると余計に妄想に支配され、ストレスが溜まっていきます。

ゼロベース思考

そこで、最初に受け取った情報で全てを決めるのではなく、いつもゼロベースで物事を考える癖を付けるのはどうでしょうか?
受け取った情報を元に物事を考える基準が出来ていきますが、それをまたゼロベースにすることで、思考に幅が出てきます。
少しの情報と妄想で物事を決めつける行為が如何に危険な事か解ってはいます。
ですが、妄想で何かを非難したりするのは気持ちが良いのです。
だから止められません。
ですが、ゼロベースで考える癖を付けることで、妄想によって思考が停止しないように訓練できます。
この世の中に良いも悪いも無いんです。全て妄想なのだということを意識する事が大切です。

この記事の関連タグ
 

Message