介護現場で履きやすい靴

介護現場で使用する靴

最近仕事で使用している靴が駄目になってきた。
買ってから半年、だいぶ酷使してきたので仕方ないですが、靴が痛むの早い。
大体半年くらいであっという間に靴が駄目になってきます。
最初はクロックスで仕事をしていたこともありましたが、最近はクロックス禁止の施設も多くなっています。
靴をクロックスでなく、運動靴に変えて仕事をするようになって思ったのは、「やっぱり運動靴のほうが動きやすい」という感想。

介護施設で使用する運動靴

介護施設で求められる靴の性能は

  1. 動きやすい
  2. 脱いだり、履いたりしやすい
  3. 足元がしっかりしており、歩行時グニャグニャしない
  4. 滑らない
  5. 汚れを落としやすい
  6. 価格が安い(交換が容易)
  7. 通気性が良い
  8. 軽い
  9. 丈夫

という性能が求められます。

黒いやつを購入したのですが、半年くらいは持ちました。
半年を超えた当たりから靴裏がヘタってきた感じですが、この金額で半年持ってくれたなら元は取れたかな。

その他、価格が高いですが、この商品はは着心地が最高でした。
SKECHERS スケッチャーズ
は着心地が柔らかく、腰にも優しい感じでした。

SKECHERS スケッチャーズ はスリッポンタイプもおすすめです。
脱いだり、履いたりする事が多い介護現場では重宝します。

 
  
  

  

カテゴリ

  

Message