介護の転職で履歴書って結構書いてて失敗する

履歴書

履歴書って書いていると結構失敗しますよね。
私の場合は本気で取り組むので、10セット購入します。
例え余っても、そこは介護業界。また使う機会が来る。
気になる施設は全部面接受けたいので、徹底的に書いて、書いて、ミスを無くしていきます。
どれだけ失敗しても、沢山購入してあるので安心です。
失敗なんて当たり前。もう少しで完成だと思ったら失敗・・・・そんなの当たり前!!
失敗したくないと思っても、本番手書きは難しい。・・・・・

履歴書の本番用紙は沢山用意して、失敗を恐れず納得の行く履歴書を作るようにしようと思います。
私が下手くそなだけかもしれませんが。

人生を左右するかもしれない履歴書

人生を左右するかもしれない履歴書です。何枚失敗してもいいので、納得するまで制作したいものです。
ここで妥協して、相手先から断られたら悔やんでも悔やみきれません。
だから履歴書は何枚あっても良いと思います。

志望動機は具体的に

志望動機は具体的にしたほうが、相手からも質問しやすくなる傾向があります。
単純に「長く働ける職場だと思いました」や「介護で人の役に立ちたいと思った」は読んだ相手は内容が抽象的すぎて質問し辛くなってしまうと思います。
なぜこの職場なのか?
「介護の理念や、介護の手法に」注目して、就職先の情報収集するのが良いのではないでしょうか?

実際に志望動機を具体的にしてみたら結構担当者の食いつきが良くて、内定を貰いやすくなった印象があります。
志望動機に自身の特技と合わせた言葉を入れるのも良いかもしれません。「〇〇が得意なので、この施設で取り組んでいる〇〇と組み合わせてみたい」など。
このくらい具体的になれば、担当者は興味津々だと思います。

コクヨの履歴書
直接手渡しする場合は、A4の大きめがお勧め。見る方も見やすいのがA4です。

この記事の関連タグ
/ /
 
  
  

  

カテゴリ

  

Message