ユニット型の早番は意外と楽

ユニット型の特養施設で働いたら意外と早番が楽でした。
ユニット型で一番大変だと思う勤務は、ユニットに入って日常の支援を行う業務です。
臥床、食事、排泄、通院準備、臥床、家族対応、その他諸々の処理。ユニットに入る業務はまさにユニット介護の主役です。

早番は業務は入浴が主

施設によって多少の違いはあると思いますが、早番業務は入浴が支援が主です。
出勤して、まずは起床支援、朝食の支援。
午前9時頃になると日勤者が出勤します。
日勤者がが来てからは、いよいよ入浴支援が始まります。
入浴支援は午前11時〜12時まで続きます。
その間はゆっくり入居者様の支援を行うことが可能です。
その間ユニットは日勤者が回しています。
入浴が終われば自分の休憩時間が来ます。
休憩後は午後の勤務になりますが、午後は入居者様の爪切りやレクリエーション、その他自らのデスクワークを行うことができます。
午後3時におやつを支援すると、あっという間に午後4時です。
午後4時になったら速かに勤務を終了して帰ります。

どうでしょうか?
日勤業務よりもよっぽど楽なのではないでしょうか?
入浴支援が嫌いな場合は大変かもしれませんが、一つの仕事に集中できるのは、効率の落ちるマルチタスクをさせられるより楽しいと思います。

この記事の関連タグ
 

Message