ヘルニアになってから8ヶ月 ヘルニアの変な症状

坐骨神経痛

ヘルニアになってから8ヶ月が経過。変な症状に悩まされるも、今の所生活に大きな支障はない。
この後振り返られるように、どの様な症状なのか記録してみた。

歩いている時のみ痛みがない

歩く

歩いているときは全く痛くない。かなり長距離になってもそれは変わらない。
なぜ歩いているときは痛くないのか?
歩いているときだけなのか?
色々試してみた。

  • 走ってみる

走ると痛みが出るのか?
実際に走ってみたが、全く痛くない。
歩いている時と同じで、症状が見られない。

  • 重いものを持って歩く

重いものを持って歩いても症状は出ない。
痛みは全く無い。

  • 歩いている時に信号などで一時停止する

歩くのを止め、立ち止まったとしても長時間でなければ、痛みが出ない。

  • 歩くのを止めて5分以上立っている

では立つだけでは?
これは、5分ほどで痛みが出てくる。
だが、あるき始めると直ぐに症状は収まる。

今の所、動かないのが一番リスクが大きい

動かないで居るのが今の所一番リスクが高い。
だから仕事中は一番痛みがない時間だ。
仕事を止め、休憩している時がむしろ一番痛い。

立っているだけの時が一番痛い

ヘルニアで満員電車は辛い

立っているだけの時が一番痛いです。
電車で立っている時は地獄の様な痛みが襲ってきます。
左足全体にしびれ、疼痛が出てきて、どんな姿勢になっても痛みがなくなりません。
時間に余裕があれば、電車を一回降りてベンチに座ったり、座席が空いていれば一度座ります。

立った状態で出た痛みはしばらく収まらない

立っている時に出た痛みは座っても暫くは収まりません。
座っている時も痛いのですが、立っている時に痛みが出た時は座っている方が遥かに楽です。
座って痛みが軽減してきたら、また立ち上がろうとしますが、直ぐに激しい痛みが出ます。
なので、座って休んだら、歩きます。
今の生活で一番不自由しているのは満員電車です。
1時間以上立っているだけしかできない。
一番酷い状態です。
今薬は飲んでいませんが、満員電車に乗る時は、ロキソニンで痛みを軽減しても良いかもしれません。
今度試してみようと思います。

症状は世間一般で言う「坐骨神経痛」

この痛みは世間一般で言うところの「坐骨神経痛」だと思います。

お尻、太もも、ふくらはぎ、足にかけて、鋭い痛みやしびれ、張り、冷感や灼熱感、締めつけ感などのいろいろな症状が起きます。

坐骨神経痛は結局ヘルニアなので、私の場合はヘルニアが慢性化してきた症状なのかもしれません。
このまま症状が無くなるのを期待しますが、どうなるか・・・・・・

プランクの効果は?

今の所プランク筋トレの効果は無い
まだ始めたばかりなので、何ヶ月も通して様子を記録していこうと思います。

一番の救いは、仕事に支障が出ないこと

足は痛いですが、仕事に支障が出ていないので、安心して生活できることが一番嬉しいです。
歩けない、動けない状態になっていた時は不安で押しつぶされそうでしたが、仕事が出来るようになったことで、その不安も解消されました。

最終目標は痛みを完全に無くす事です。
それまで、体を鍛えたり、出来ることをしていきたいと思います。

薬を飲まない生活は快適

薬を飲まないので、副作用に悩まされないのはやっぱり大きいです。

  • タリージェ

眠くなるので、日中に「ぼ~と」していしまいます。
タリージェ服薬して寝たからと言って、起きた時に「よく寝たな~」とはならないです。
起きてもまだ頭が冴えないので、ちょっと苦手になりました。

  • ロキソニン

胃痛が酷くて、食事を摂ろうという気力が無くなります。
なので、どうしても服薬しないといけない時は、食後に胃薬と一緒に服薬します。
それでも続けて飲んでいたら胃痛に悩まされる事になります。
ロキソニンを服薬しない生活になってからご飯が美味しい!

この記事の関連タグ
/
 

Message